ひとりでできるかな フィンランド旅行 2日目前半

注:記事が途中で切れていました。3/17慌てて更新済です(汗)

友人とは別行動で午前中は1人でヘルシンキを散策しました。

ホテルの朝食。これだけ食べたらガソリン満タンです。
f0061585_22342520.jpg

f0061585_22344060.jpg


凍てつく空気の中、帽子を目深にかぶりしっかりとマフラーを巻いて完全防備。
シベリウス公園という海辺の公園に行って、北欧の海を眺めようと
トラムに乗りましたが、早朝なのに停留所にはまだ酔っ払いがいました(泣)

公園近くで降りたのはいいのですが、公園と思われる地帯は除雪がされておらず
海すらもどこかわからない母。

まあぶらりひとり旅ですから・・・と気ままに歩いていたら、黒ラブくんに遭遇。
f0061585_22332623.jpg


海外のワンちゃんはしつけがいいと思っていたら、この子はだいぶハイパー。
何度も甘がみをされて、見かねた飼い主さんがおもちゃで気をそらせてくれました。

雪が降りしきる中、ヘルシンキ大聖堂へ移動。この”?”が気になります。
f0061585_22391164.jpg


すぐ近くの港。どこから海なのかわかりません。
f0061585_8343924.jpg


外を歩いていたら、すっかり体が冷えてしまったので かもめ食堂 のロケ地にもなった
アカデミア書店に立ち寄りました。

母がフィンランドで探してみたかった本は、すばり犬関連の書籍。

早速店員さんに犬コーナーはどこにありますか?と聞いて案内されたフロアへ。
行ってみると犬関連の書籍はおもにしつけに関するものでした。
ラブラドールの本はないのかしら?と思い、再び店員さんに質問。

ラブラドールという母の発音がわからなかったらしく、店員さんは?の表情。
そこで持ってきていたギスケの写真を見せることにしました。

f0061585_8484945.jpg


すると再び?の表情。しばらくじっくりと写真を眺めた後
流暢な英語で「ラブラドール?」とつぶやく店員さん。

ごめんね、こんな写真しかなくて・・・。よりによってどうしてこれを持ってきたのか、母。
残念ながら、ラブラドールのみの書籍はありませんでした。

ちなみにラブラドールはフィンランド語で labradorin noutaja とのこと。

漫画コーナーは日本のマンガが充実。
f0061585_8534747.jpg


雑誌コーナーで何冊かフィンランドの犬雑誌などを購入して
さて、次はデザイン博物館に行きますか。と書店を出てトラムの停留所でふと首に手をやると

あれ、マフラーがない。

その時点でもうパニック。停留所と書店の間は徒歩1分の距離。
慌てて書店までの道をきょろきょろ探し、書店で各フロアの店員さんにも聞きました。
案内されたのが、書店が入っているビルの管理事務所。

時間の経過と共にパニック度がさらに上がっていて、受付のお兄さんに
マフラーがない!ない!ない! と激しく訴えてしまった母。

そんなテンションの母に優しく「他に心当たりはないの?」と
ゆっくりと諭すように応対してくれたお兄さん。母も少し落ち着いてきました。
結局届いておらず、後日改めて問い合わせてみることになりました。

旅先に来てまで失くし物。しかも実はこれで2件目。
ヘルシンキ空港ですでにカメラのキャップを失くしたので、落ち込みは深いものに・・・
くよくよしてもしょうがない。さっき買った雑誌でも読もうと書店の袋に手を入れたら
あれ、柔らかな手触り。マフラー発見、おバカな母。

気持ちを切替えて デザイン博物館へ。
北欧デザインの黎明期の作品が展示されており、とても興味深かったです。
日本のものとはまた違う感覚で、しかも今の時代にも通用する新しさも併せ持っていました。

余韻にひたりたかったので、併設のカフェで友人にエアメールを書きました。
その時飲んだジュースが懐かしい味で、ファンタオレンジそのもの。
f0061585_918865.jpg


と、これが午前中の旅日記です。午後からは次の記事へ。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-02-27 22:18 | 旅行