ひと騒動でした。

注:シモの記事なので、時間と場所を選んでお読みください。

ここ4・5日、痛みの症状が出ていないのでほっとしている父と母。

週末から元気も出てきたので、もう大丈夫かなぁと思っていたら
日付が変わった月曜の深夜3時頃にギスケが2階の寝室に上がってきました。
そして寝るわけで訳でもなく、何かを訴えている表情。

おしっこかなと思って、庭に出して家に戻っても落ち着かない様子。
父が外に連れて行ってみたら、う○ちのポーズはするけれど出ずに戻ってきました。

痛みを訴えるわけでなく、でもいつもと違う様子に父と母は心配になり
しばらくの間居間で付き添うことに。
30分くらい経つと横になったので、父母は寝室に戻りましたが
なかなか寝付けず朝を迎えました。

そして朝、いつも通りにご飯を食べた後、庭で用を足しそれを見て母はびっくり。
真っ赤な筋がいくつも入っていたのです。それは血便。

この健康状態での血便なので、母の心配は高まりました。
ただ弱っている感じでもなく、公園に行きたい素振りを見せたので
大好きなさえちゃんと一緒に散歩をしてきました。

公園でもやはり血便だったので、ブツを持って病院へ行き検査を依頼しました。
午後から仕事の母。仕事帰りに結果を聞きに行くことにしたのですが
仕事中も落ち着かず、痛みがもし消化器もしくは内臓系統ならどうしよう・・・と
悪い方向ばかり考えてしまいます。

駆け足で家に戻った母ですが、ギスケは相変わらずのほほんとした様子。

ご飯を食べさせて車で病院に向かいました。
最近立て続けに通っているので、道を覚えてしまったらしく車内から緊張のギスケ。

病院に入る前にもう○ちをしましたが、やはり血便でした。

悲愴な気持ちで受付の看護師さんに診察券を出したら
遠慮がちに 「あの~、ギスケちゃんのう○ちからラッブが・・・大量に・・・」と言われ
思わずのけぞりそうになった母。

そういえば・・・ブログでも報告しましたが先週の木曜に台所の生ゴミを漁ったことがありました。
その時のものが今になって影響しているとは!!

f0061585_2304112.jpg

で、これが出てきたラップです。わざわざ取り除いて頂いたものです。
お見苦しいと思いグレーにしてみました。見事に腸の形。





そりゃ出血もするでしょうよ。もちろん誤食とはいえ腸下部からの出血は心配なのですが
・・・ですがなんかもう一気にトーンダウンです。

出血を止める薬が処方され、痛み止めとの飲み合わせは大丈夫なのですが
計5種類の薬を飲むことになります。ちょっと心配だなぁ。

食生活も変える必要はなく、前回のような痛みがないようなら普段通りに過ごしてよいと
医師に言われ、すごすご帰ってきました。

母の心配、ギスケ知らず。
早速コースターを咥えて、退屈だから遊んでよ!と目で訴えています。

f0061585_2375571.jpg


それを怒る気力もなく、朝から菓子パンやカップヌードルを食べていたので胃は痛くなり
寝不足で体のチカラは入らないしで倒れるように寝てしまった母。

今日も朝から仕事。帰宅したらパワーアップしたギスケが待ち構えていました。
体調不良前よりもハイパーになった感じです。

遊んでオーラが半端じゃないので、夕方前に公園に行き疲れさせたつもりが(笑)
夜のご飯を食べたらまた復活して、夜も散歩を催促。

母はまだ充電完了していないんだけどなぁ・・・と思いつつも
老体に鞭打って北風の吹く夜道を散歩してきました。
今夜はお月様はまんまるで、寒いせいでしょうかキラキラしていました。
桜も咲いていたのでちょっとした夜桜見物。

家の中でも遊んだので、今はソファで静かに寝そべっています。
寝そべっているというより、弛緩している感じ??

f0061585_23193559.jpg


まあ、いろいろあったけど今週末に痛みの薬が切れるので経過報告に行くので
それまでいつも通りに痛みが再発しないことを祈ります。

はあ・・・お母さんは疲れたけれど、元気が一番だね。ギスケ。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-30 23:27 | ギスケ

川沿いは春がいっぱい

ギスケも徐々に体調が回復しているらしく、朝もテンションが高め(笑)

ただ油断はできないので、週末は公園に行くことは避け
みんなでのんびり川沿いを散歩することにしました。

菜の花は満開
f0061585_17551039.jpg


桜は三分咲き。どうして桜ってこんなに青空に映えるんでしょうか。
f0061585_17562034.jpg


ギスケは通りすがりのおじさんに「おとなしくていい子だね~」と褒められました。
なのに態度が少々冷たいギスケ。空気読もうね。
f0061585_17572073.jpg


川沿いに毎年チューリップ祭りをする公園があるので行ってみました。
たくさんのチューリップが咲いてるのは壮観です。
f0061585_1845799.jpg


色とりどりのチューリップ♪

f0061585_1861661.jpg
f0061585_1862983.jpg

f0061585_187204.jpg
f0061585_1873314.jpg


くっきりした葉脈に春を感じました
f0061585_1893827.jpg


あ、ここにも春が。花粉がトッピングされたギスケ。黒に映えてます。
f0061585_18103145.jpg


いつもは隠れている野良鶏も陽気につられてお目見え
f0061585_1813257.jpg


何故か2色の桃の花
f0061585_181414100.jpg


これはエーデルワイスかしら?
f0061585_18154729.jpg


1時間の散歩でたくさんの春を感じたギスケ一家。
写真を撮る余裕も出てきて、少しずつ落ち着いてきました。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-27 18:17 | 近況

病院へ行ってきました。

昨日の震えが気になり、なかなか寝付けなかった母。
今朝は気合を入れて、朝1番で病院に行ってきました。

痛み及び震えの原因を探るべく、尿を取って腎臓系の数値も検査してもらうことに。

ギスケは病院の道をすっかり覚えたようで、助手席ではあはあしっぱなし。

医師にざっと経過を報告して、震えの原因について聞いてみたところ

①神経系な痛み ②精神的なもの のどちらかだと思うが、1回だけでは判断ができないとのこと。

母が冷静になって、昨日の震えについて振り返ってみると
もしかして怒った後に病院に行くって言ったから 

怒られた→病院に連れてかれる=恐怖感

になったのかなぁ・・・と。それにしても震えすぎだけど。
この考えを医師に話したところ、もしかするとその可能性も否定できないと苦笑い。

今までの薬が低容量だったので、今回は鎮痛剤を少し強いものに変えて
1週間様子を見ることにしました。

もしそれでも痛みが変わらないようであれば、次回血液検査とレントゲンを撮ることに。

本当は今日検査をしてもらう予定でいたのですが、もし昨日の震えの原因が
病院だとしたら、これ以上不安な要素を増やす訳にはいかないという結論に達したからです。

尿の数値も異常がなかったため、とりあえず腎機能障害は否定できたのでひと安心。

イヤなことの後は楽しい場所へ。久しぶりにいつもの公園に行ってきました。

ジュリちゃんとの再会。元気そうで何よりです。

f0061585_20342710.jpg


ジュニちゃんとオーちゃんとも会えました。オーちゃん素敵な笑顔です。

f0061585_2037427.jpg


ギスケも勘を取り戻したのか、目に精気がみなぎっている感じ。

f0061585_20392763.jpg


散歩から帰宅後もさほど疲れた様子もなく、痛みの訴えもありませんでした。
母が仕事に出かける時も、いつもと同じく知らんぷりを装うギスケ。

昨日と同様小走りで帰宅した母ですが、いたずらもなく少々テンション高めと
ようやくいつものギスケに戻ってきたと感じました。

夕暮れの川沿いには桃の花が咲いていました。

f0061585_20442851.jpg


曇り空に時々晴れ間が広がっています。今のギスケ一家みたい。

f0061585_2045944.jpg


ちょっとブレていますが、骨ガムを取られまいと警戒しつつ食べてるギスケ。
目が輝いています♪

f0061585_20463612.jpg


少しずつ痛みが減っていきますように。週末はのんびりしようね。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-26 20:48 | ギスケ

イタズラ2回と初めての震え

今朝から激動の1日でした。

明け方前の4時20分。最近2階の寝室に上がってこないギスケが
昨日に引き続きやってきました。

「おしっこ?」と聞いても違う感じ。
甘えたいこともあるんだろうと、そのままベッドに入って6時半過ぎに起床。

先に階下に行っていた父が 「しまった。荒らされた」
呆然とした表情で母に報告にきました。

いつもはゴミ箱をギスケに荒らされないようしまっておくのですが
昨晩はそれを忘れてしまっていました。

お茶葉やドリップ後のコーヒーの豆があたり一面に散らばっています。
ギスケはというと隅っこで尻尾を丸めて震えています。
それならどうして寝室に来たんだ、ギスケ。

弱っているからといって容赦のない母はがっつり怒りました。
怒って許して、落ち着いたかなと思った時、またギスケのヒンヒンが始まったのです。

やはり左前足を少し浮かせているので、握ってみたら叫び声。
これはもう確定でしょう。
痛みに疲れたらしく、その後はしばらくぐったりしていました。

お昼前、母が仕事に行くねとギスケに呼びかけると
今までそんなことしたことがないのに、まるで行かないで!とばかりに
体を押し付けてきたので、「ギスケはいいこだから、お留守番できるよね」と言いつつ
断腸の思いで出勤。帰りはバスを降りてから急ぎ足で戻りました。

玄関の鍵を開ける手前でワンワン吠えるギスケ。これも初めてです。

庭ですぐおしっこをさせて、部屋に入るとまたもや隅っこで震えるギスケ。
今度は何?と辺りを見回してみると・・・

f0061585_20541368.jpg


1週間近く食卓の横に放置しておいた未開封のフード。
何故今日なのか?そしてどうして今日は2回もいたずらをするのか?

ボール投げができなくなってから1週間。雨が続いて散歩もちょっぴり。
痛みにもイライラしていたのでしょうか。きっとストレスが高じたものと推測。

でもいたずらを怒らない訳にもいかず、ギスケを近くに呼び出しました。
無表情なギスケ。心を無にしているかのようです。

f0061585_215986.jpg


朝に引き続き、怒った後少ししてから母にすりよるギスケに
「ぎっちゃん、明日は病院に行こうね」と頭を撫でながら話しかけたら
ぶるぶる震えだしました。

慌てた母は「ぎっちゃん、どうしたの?怖いの??」
と抱きしめると、更に震えが増してきました。

時間にするとそう長くないのかもしれませんが、母にはとても長く感じました。
3分くらいそんな状態が続き、ギスケを抱きしめながら病院に電話することに。

病院の医師に相談している最中、あれほど震えていたのに母から離れ
すたすたソファーに上がって横になるギスケ。

でもかすかに震えているようだったので、その旨も伝えたところ
できたら今日中に病院に連れてきてほしい。今晩来れないようなら夜中に同症状がでたら
すぐに夜間動物病院に行くよう指示を受けました。

父がもうすぐ帰宅することになっていたので、ギスケの状態を見てもらってから決めようと思い
しばらくの間様子を見ると、だんだん落ち着いてきた様子。

明日の朝行くことにしようと父と話して、今に至ります。
ギスケはソファーで父に撫でられながら、くつろいでいる様子。

ちなみに未開封のフード、6キロ入りでしたが
体重計で量ってみると400グラム弱減っていました。
ほぼ1日分を食べたようで、お腹はパンパン大きいほうも何回も出ています。
もちろん夕飯抜き。

謎の震えはなんだったのでしょう。今晩は寝室で一緒に寝ることにします。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-25 21:17 | ギスケ

更新情報です。

ひとりでできるかな フィンランド旅行 4日目を更新しました♪

5日目以降ものんびり更新していく予定です。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-24 18:24

今までにない大きな叫び

今日は母が休みの日。そして外は小雨。

いつもなら小雨でもボール投げに行っていたのになぁ・・・と少ししょんぼりな母。
気分転換にギスケとペットショップに行くことにしました。

ほぼ毎月行っているので、ギスケも近づくにつれて興奮気味。

雨なのでお客さんはいないはず。
ギスケも体に負担がかからないだろうという読みが当たり店内はガラガラでした。

もし関節に負担がかかっているのであれば、カルシウムが必要だと思い
ペット用の塩抜き煮干を購入しました。

ペットショップの帰りにはいつも近くの公園で一回りしていたので
今回もギスケと小高い丘の公園へ。
スロープがあるので足にも負担がかかりません。

f0061585_17201876.jpg


母と2人の散歩は久しぶり。顔の周りに芝生がついているのはご愛嬌です(笑)

帰宅すると疲れたのかすぐに横になっていました。

f0061585_17212832.jpg


夕方近くに庭に出たい素振りを見せたので、室内から庭に出したら
1段目の段差でヒンヒンと辛そうな鳴き声。
降りれそうにない様子だったので、室内に呼んだところ今度は大きな叫び声のような
ヒャーンという長い鳴き声を2・3度発していました。

母は今だ!と心を鬼にして疑いのある左前足をぎゅっと握ったところ
再度ヒャーンと甲高い鳴き声。やはりここなのでしょうか。

そしていつもの定位置で横になって母の膝に顔を乗っけていましたが
「庭に出たい?」と聞いてみると、まだあれから5分も経ってないのにすぐ立ち上がり
すたすたと庭に出るギスケ。痛みは一過性のものなのかもしれません。

すぐに父にメールで報告。父も心配なのでしょう、しばらくすると電話がかかってきて
ギスケの安否を気遣っていました。

ギスケの痛みの症状が出てから、父と話し合ったことがあります。
それはあまり過敏になり過ぎないように、いつも通りの生活を心がけようということ。

ただでさえ心配性の父と母なので、いつも通りを心がけなければ
精神的にどうにかなってしまいそうだから。
不安そうな父と母を見るのはギスケにとっても喜ばしくないことだからです。

いつもならすぐに病院に電話をして、診てもらうところですが
明後日経過報告で行くことになっているので、その日まではひどくならない限り
自宅でそっとしておくことにしようと父から言われ、母も納得。

今は落ち着いています。もうそろそろご飯の時間。
痛み止めも飲めるので少しは楽になれるね、ギスケ。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-24 17:32 | ギスケ

長期戦になりそうです。

じいちゃん宅へ遊びに行ってリフレッシュしてきたギスケ一家。
3連休最終日の今日は、近場でドライブをしようと横浜元町へ行ってきました。

港の見える丘公園は人がたくさんいましたが、ベンチに座って
午後の日差しを受けながらまったりと休憩。

f0061585_21443749.jpg


おめかしして元気いっぱいです。

f0061585_21453946.jpg


公園から坂を下って元町へ。
ギスケの着ている服は裏通りにあるここ gradog で購入しました。

f0061585_21465497.jpg


新規のドッグカフェも開拓。でもここでギスケが伏せをした時、ヒーンと長く鳴きました。
父と母は「大丈夫?」と体中をさすりましたが、変化はなくすぐに治ったようです。

f0061585_2221488.jpg


帰りは坂道を登りましたが、特に変化なし。

f0061585_2224289.jpg


何だったんだろうね。と帰りの車で話していたら再びヒーンと鳴くギスケ。
慌てて後部座席に移動した母。左足をさすると痛いのかまたヒーンと悲痛な声。

すぐ病院に電話して、これから向かう旨を話しました。

それからも車の中では数度鳴き、父と母の心配は広がるばかりです。
病院に着いてからも体のあちこちを触ってみたのですが
変化はなく逆に病院に来たことで心拍数が上がったギスケ。

医師が触診しても、はあはあするばかりで特に痛がる様子は見せませんでした。

結局今回も原因はわからず、ただ可能性としては前回より少し狭まり
前足の関節・もしくは腰部ヘルニア、可能性は少ないけれど頚椎の異常という診断。

ギスケ父は剥離骨折の疑いが一番強いと思っていて
母は内臓を含めてあらゆる可能性があると考えたほうがいいと思っています。

今処方されている痛み止めは低容量なので、もし痛みが強ければ
次回より容量を多くする方針と言われ、3~4日は再び経過観察になりました。

もし剥離骨折であれば、通常のレントゲンでは発見が難しいため
麻酔で鎮静して、レントゲンもしくはCTスキャンをすることになるとのこと。

今はソファーでぐったりしています。
痛みの原因が特定しずらい状況なので、これは長期戦になりそうな予感がします。

f0061585_22343989.jpg


ギスケ、どこが痛いのか教えられればいいのにね。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-22 22:36 | ギスケ

元気になりました。

今朝のギスケはテンション高く、注射が効いているのか
それともただの疲れだったのかわかりませんが、ともかく回復してよかったです。

病院に経過報告に行かなければいけなかったので
朝1番で向かったのに、すでに待合室は混雑気味。

ギスケも今週3回目ということもあってか、待合室にいる時から不安な表情。

やっと順番が来て、先生に報告。

体調不良の原因は特定できないけれど、もしかすると関節もしくは内臓の痛みがあって
昨日の注射で治まったという可能性もあると診断を受け、
しばらく消炎剤を服用して様子を見ることにしました。

1週間はボール投げ及びドッグランなどで他のワンちゃんと接触しないようにとのこと。

しばらく退屈な日々になるかもしれませんが、今日はこれからじいちゃん宅へ遊びに行きます。
つかの間の王様気分を味わおうね、ギスケ。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-20 12:33 | ギスケ

何があったのか、体調ダウン。

のんびりとフィンランド旅行記を更新している途中、ギスケが体調を崩しました。

実は今月に入って立て続けに、ギスケのお友達が天国へ行ってしまい
母は少なからずショックを受けて、落ち込んでいる日々を過ごしています。

そんな中でギスケが一昨日あたりから元気がなく、昨日はベットから降りるときと
寝そべった時に ヒーン と鳴いていて、今日は留守番の最中に2度ほど嘔吐の跡がありました。

ヒーンと悲痛な鳴き声が気になり、昨晩父と2人で体のあちこちを触って見ましたが
異常は見当たらず歩行や姿勢にも特に変わった形跡はみられませんでした。

今日も朝は少しぐったりしていましたが、食欲もあったので心配しつつ仕事に行き
帰宅した時には玄関前にネコがいたこともあって、興奮のギスケ。
そのまま散歩をして、排便も快調。ご飯もいつも通りに食べました。
昨日はただの疲れだったのかなぁ?と一安心。

同じく心配していた父には、元気だよ~と散歩中の写真を送信。

f0061585_22372513.jpg


留守番はいつも2階の寝室で、ご飯の後に着替えに行った母が廊下に嘔吐の跡を発見。
しかも2ヶ所。固形物はなく、泡のような跡でした。

留守中の嘔吐は初めてだったこともあり、心配した母はすぐに病院へ。

触診では異常はなかったのですが
念のため皮下点滴と消炎の注射などで処置することになりました。
そして明日また病院へ行く予定です。

右肩のあたりが腫れ上がっているようにみえますが
これは皮下点滴の溶液が溜まっているものです。痛々しく見えます。

f0061585_22382624.jpg


画像をUPしたかったのですが、パソコンの調子が悪く文章のみですみません。
3/22画像UPできました。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-19 21:42 | ギスケ

無事帰国しました。

オスロから1時間半かけてヘルシンキ。

ヘルシンキより9時間40分かけて日本へ。

いやー長かったです。足がパンパンになりました(涙)

でもその時間をかけても行った価値があった今回の一人旅。

まずは時差ボケを回復しつつ、おいおいご報告していきます。
[PR]

by gisuke-peace | 2010-03-07 23:38 | 旅行