北海道旅行 3日目 函館編

ベリーとの再会の後、向かった先は函館。

車でしばらく走っていると、雨がだんだん激しくなってきました。
・・・ギスケの呪い?

そして更なる悲劇。

宿に着いて案内された部屋が、扉を開けた途端に嫌がらせとしか思えないほどの
香水の濃い香り、というより臭いが充満していてげんなり。

案内した仲居さんも気付いていたらしく、「朝からこうなんです」とすまなそうな顔。

違うでしょ。
そんな部屋に客を通しちゃいけないんじゃないの??


キレる寸前の母に代わって、穏健派の父が違う部屋を用意してもらうように言ってくれた。

そして10分後、香水の悪臭がしない部屋に通された母はまたしても

何故別の部屋があるなら案内しないの??

と鼻息を荒くしましたが、せっかくの旅行なのでトラブル回避のため
なるべく旅館の人と顔を合わせないようにしました。

何故この旅館にしたかというと、父が 湯の川プリンスホテル渚亭の温泉が大好きで
会社の福利厚生施設に渚亭グループホテルの今回泊まった宿があったから。
渚亭にもほど近く、渚亭の温泉に無料で入浴できるということで決めたのです。

気分転換に早速渚亭に行ってきました。

f0061585_1641551.jpg
f0061585_1664625.jpg




女風呂がおとひめ(乙姫)というのがいかにも海の温泉っぽいネーミング。
海の見える露天風呂で旅の疲れが癒されました。

宿に戻ると何故か気持ちは戦闘体制な母(笑)。

でも夕飯は量もちょうど良く、おいしかったです。

f0061585_16113263.jpg


次の日も朝一番でお風呂に行くぞ~と誓い早寝をした母でした。





f0061585_16131487.jpg
f0061585_16132588.jpg
f0061585_16133587.jpg
f0061585_16134491.jpg
f0061585_16135365.jpg
f0061585_161415.jpg


なんか可愛かった湯のみ。
f0061585_16153186.jpg

[PR]

by gisuke-peace | 2009-06-06 15:48 | 近況