ドッグドック検査結果です。

ドッグドックの結果を聞きに行って来ました。

嬉しい結果だったのは体重が2キロ減!
フードを替えて、おやつも減らした甲斐がありました。
現在ベスト体重☆30キロ☆これをキープしなきゃね。

そして予想はしていましたが・・・

変形性脊椎症が少しずつ進行していました。

f0061585_0105626.jpg


変形性脊椎症とは・・・

強直性脊椎症とか強直性脊椎炎ともよばれ、脊椎と脊椎の間に丁度橋がかかるように骨の増殖が起こった状態(ブリッジ)。一般に犬では第11胸椎から腰椎、仙椎までに多く、中高齢の大型犬に多く発症する傾向があります。また、いくつかの脊椎間に発現することもある。
治療は抗炎症剤や鎮痛剤のほか、関節保護剤(グルコサミン、コンドロイチン硫酸など)、神経賦活剤などを使用する内科的対症療法が一般的。



5歳時のドッグドックでも兆候は見られたので
進行していないわけがないとは思っていましたが、やはりショックでした。

ただ外科的治療が困難なため、過度の運動は節制するようにと医師から言われました。

わかってはいますが、ギスケのボール投げをゼロにすることで
体の負担は軽くなるかもしれないけれど、生活の質が低下してしまいます。
かなりのストレスになることは目に見えていて
ギスケのQOLについて考えなければいけない時期がきたようです。

そして尿酸値も上がっているのでこちらは経過観察になりました。

今のところはギスケに症状もでていないのでそれだけが救いです。

まずはサプリメントを検討しなければ。そして散歩内容の見直しも。
課題山積ですが、ひとつずつクリアしていければいいなぁと。

毎日を笑顔で過ごせればいいよね、ギスケ。
[PR]

by gisuke-peace | 2011-02-01 15:06 | ギスケ