アニメな1日 ②ガンダムプロジェクト@お台場

二子玉川でメルヘン気分を味わった後は趣向を変えてお台場で超合金(古い?)

友人は会った時から興奮していましたが、お台場が近づくにつれてテンションが・・・。

りんかい線有明駅からお台場に向かったのですが
たまたま進行方向の左側の座席に座っていたら、お台場駅が近づくにつれて
遠くにうっすらとガンダムが見えるではありませんか。

車両に乗り合わせた中年男性陣は大興奮して、「すげー、ガンダムだ!!」と小学生みたい。
皆さん携帯カメラでパシャパシャ撮っていました。

友人に「見えるよ、ガンダム」と声をかけても、手で顔を覆い「もったいなくて見れな~い」。
40歳目前の友人。ギャルですか・・・。

駅を降りて笑ったのが、大きな看板でガンダム→(文字のみ)

まあわかりやすいけど。

場所はお台場駅から5分もかからない、潮風公園。
ちゃんと順路も決まっているので、迷う心配はありません。

f0061585_18193174.jpg


てくてく海沿いの道を歩くと見えてきました。

f0061585_18203836.jpg


後ろ姿をまず拝みました。

f0061585_18275614.jpg


そして横。

f0061585_18285766.jpg


やや斜めですが正面。

f0061585_18301688.jpg


大きくて迫力がありました。

f0061585_18312176.jpg


真下からも見学。

f0061585_18324493.jpg


足元はこんな感じ。

f0061585_18333596.jpg


そんなに興味の無い母でもこれだけ撮ってしまうのはなぜでしょう。

f0061585_18344275.jpg


友人によると、海から陸地に降り立ったガンダムというコンセプトらしいです。
オリンピックのマークが入っていたらどうしようと、しきりに不安がっていましたが
まだマークは入っておらず、後から調べたところ8/1から胸元に入るそうです。

友人曰く、それはガンダムではなくなる!とのこと。
よかったね、入ってなくて。

ひとしきりガンダムを拝んで安心したところで、お台場駅近くでお茶をして
話し込んでいたらあっといういう間に日が暮れました。

チャンスだ!と言わんばかりの顔で「ライトアップしたガンダムを見なきゃ!!」と顔を輝かせる友人。

はいはいお付き合いしますよ。とふと横をみたら到着時横を歩いていた外国人男性が
同じようにライトアップガンダムへと歩いているではありませんか。

恐るべしガンダムオタク。

f0061585_18424269.jpg


ライトアップされたガンダムもまた一見の価値がありました。

期間限定というのもミソですね。いい夏の思い出。
[PR]

by gisuke-peace | 2009-07-29 23:45 | 近況

アニメの1日 ①世界名作劇場@二子玉川

ギスケ父が会社でもらってきたチケットがそもそもの始まり。

f0061585_11205842.jpg


↑なかなか誘う人が限定される内容。

でも母の友人には世界名作劇場好きがいて、お台場のガンダムとセットで見に行くことになりました。

二子玉川は老若男女問わず、おしゃれな格好をした人が多く
さすがセレブの街と言われるだけあります。

高島屋は広く、増改築を繰り返しているせいか、迷路のようでした。

そしてたどり着いたのがここ。

f0061585_11251382.jpg


入り口にはラスカルがお出迎え。

f0061585_1127439.jpg
f0061585_11275523.jpg


いやいやそんなに大きくないだろう、ラスカル。 
という現実に戻ってはいけない。

子どもの心、子どもの心と言い聞かせながら展示物を見る母。

『フランダースの犬』 パトラッシュ!ラストの名シーンです。

f0061585_1131421.jpg


『母を訪ねて三千里』 母の脳内ではフランダースとごっちゃになっています。

f0061585_11313443.jpg


『赤毛のアン』 本で読んだけど、アニメで見た記憶がありません。どうしてかな。

f0061585_1132098.jpg


ラスカルもほぼ原寸大に(笑)

f0061585_11351159.jpg


ゲームコーナーや原画・シナリオの展示もあり、友人は原画やシナリオに食いついていました。
他にもいかにもアキバ系の男子がいて、同じく原画を食い入るように見ていて苦笑。

母は『ふしぎな島のフローネ』や『南の虹のルーシー』が好きだったので
久々に絵を見れて満足しました♪

この展示で最大の謎だったのが、何故ラスカルだけ別格扱いなのか?
ということ。

物販コーナーで少しわかったのが、異常なまでのラスカルグッズ。
もしかしてこれを売りたいがため??

最後まで大人の打算的な考えが静まらない母でした。

この後はメインのガンダム等身大見物へ!
[PR]

by gisuke-peace | 2009-07-29 23:17 | 近況

7歳になった途端に

7歳の誕生日を迎える月あたりに異変は起こりました。

いつものシャンプーの後、横たわっているギスケを見ていると
母の脳内に天の声が降りてきました。

「ギスケのお腹を触るのだ」と。

恐る恐る触ってみると、違和感がある箇所がありしこりのような硬いものが。

心配性な母はすぐさまかかりつけの病院で診察を受けました。

しこりがそんなに大きくないので、時間の経過と共になくなる可能性があり
とりあえず1ヶ月様子を見て、大きくなるか変わらなければ精密検査をしましょうということに。

ラブラドールに脂肪腫が多いのは知っていましたが
こんなふうに急にあちこちにできるとは知りませんでした。

診察を受けた後も、からだのあちこちにしこりが見つかって
母は見つけるたびに不安になって、落ち込む毎日・・・。

ギスケはしこり?そんなのあるの?と全く気にしない様子で
毎日泣きそうな顔でカラダを触る母を不思議そうに見つめている始末。

そして数日が経ったのち、母は決心しました。

そうだ、腫瘍専門の病院を探そう!

ギスケのしこりを発見してから、ネットで 腫瘍 動物病院 を検索してわかったこと。
どうやら動物の腫瘍認定医というのがいるらしい。

●日本獣医がん学会獣医腫瘍科認定医制度とは●

認定臨床腫瘍学分野の向上・発展を目指すとともに、一般臨床的知識と高度な専門知識および実践能力を備えた臨床獣医師となることを目的とし、日本獣医がん学会の定める資格を有し、本学会の実施する認定医試験に合格した者。


そして近くの腫瘍認定医の医師と連絡を取って、現状を伝えたところ
まずは細胞針(バイオプシー)検査を勧められました。

初めての病院で母も多分緊張してしまい、それを察知したビビリのギスケは
もっと大変なことになりそうだったので、夜診療が終わる直前の時間帯に行くことにしました。

診察台の上にギスケを乗せて、1つしこりに対して注射針のようなものを何ヶ所か刺し
プレパラートに注射容器で針で採取した細胞を吹き付けて、顕微鏡で確認するという検査でした。

ギスケは全然痛がる様子も無く、少し震えてはいましたが(いつものこと)、比較的冷静な感じ。

そして医師にしこりの場所を説明した時、なかなか医師はしこりを見つけられず
「こんなに小さいしこりをよく探せましたね・・・」と一言。

・・・あれ、このパターン以前にもあったような。母の心配もかなりトーンダウン。

結果は次の日に電話連絡ということになり、ドキドキしながら次の日を迎えました。
お昼近くに しこりは全て良性の肥満細胞腫 と連絡があり一安心の父と母。

あの天の声が無ければ見つけられなかった脂肪腫。
それが母の落ち込みの原因にもなりましたが、早期に検査して結果が良性だったので
天の声に感謝です。

ギスケより歳が上の散歩仲間にもいろいろアドバイスをもらえたのもとても励みになりました。
 
<脂肪細胞腫>
良性のものは肉眼で見た場合、直径1~4cmであり、増殖は緩やかで表面の脱毛はあるものの、潰瘍化はまれです。しかし緩やかな動きであっても、必ずしもその後の進行を予想する手ががりにはならないので注意が必要です。

また、悪性のものは増殖が急速で、腫瘍の周りに炎症が起こり、赤みが強く、潰瘍化する傾向にあります。

この腫瘍の特徴として、過剰に触ると肥満細胞の中にあるヒスタミン等の物質が放出され、腫瘍のまわりが赤くじんましんのように膨れることがあります。腫瘍を触ったことで、急に赤く大きくなったり小さくなったりと、驚かされることがあります。

この放出されるヒスタミン物質が、血液中に多く流れるようになると、全身への影響として、胃・十二指腸潰瘍等による嘔吐、下痢、また血液凝固障害などの症状が現れるようになります。この状態は、非常に注意の要する事態と言えます。


f0061585_2343059.jpg


これからもいろいろあると思うけど、みんなで乗り切っていこうね。
[PR]

by gisuke-peace | 2009-07-25 15:20 | ギスケ

ギスケ7歳になりました♪

ギスケが7/20で7歳の誕生日を迎えました。

7歳といえば立派な中年男子(笑)

記念行事として西湖で水遊びをすることに。

だけど今は夏。水辺には人々が集い、そして何より暑い。
そうなると必然的に朝早く出発するしかありません。

なんと早朝4時に出発して、6時に西湖へ着きました。

当たり前のことながら、テントは点在しているものの誰もいない水辺。
そしてとっても涼しいというか、寒い。長袖のパーカーがちょうどいいくらい。

声を出さずに黙々とボール投げをする父。

f0061585_23551320.jpg


ギスケも満足な様子。

f0061585_23562721.jpg


家族写真も撮って、人が活動をし始める8時には早々に引き揚げました。

f0061585_23582671.jpg


いつもなら帰りは後部座席でぐったりのはずなのに、ギスケさんは何故か絶好調。
濡れてじとっとした体にもかかわらず、助手席の母の膝の上にやってきました。

時間がたつにつれてどんどん湿っていく母の服。
・・・誕生日とはいえ、許せることと許せないことが。
そんな母の思いとはうらはらに、窓際でたそがれるギスケ。

f0061585_015967.jpg


お願いだから、後ろに戻って。

耐え切れなくなり、途中の足柄パーキングエリアで休憩しました。
ギスケにはお留守番してもらおうかなぁと思いましたが、朝9時の車内の暑さは無理。

体を乾かしてもらいがてらぶらぶらしていたら、駐車場の近くに原っぱを発見。
犬用のう●ちの捨て場所もありました。犬にやさしいPAです。

f0061585_084100.jpg


屋台の並びがあったので覗いてみると
富士宮焼きそばというフレーズにとびつき、思わず購入。

f0061585_034846.jpg


価格450円。味はというと、うーんオススメはしません。

腹ごなしもして、ギスケには強制的に後部座席に横たわってもらい
帰宅したのが午前10時。早いっ!

湖が真水だったのと、車に乗る直前にあらかじめ用意していた水でよく洗い流したので
ギスケの体も臭くならず、シャンプー不要なのであとは寝るだけ。

何故かギスケは暑い日差しの下ではあはあしながら休憩。

f0061585_0104324.jpg


さあ、7歳のギスケ。いろんな表情で父と母を楽しませてね♪

f0061585_0242915.jpg

[PR]

by gisuke-peace | 2009-07-20 23:48 | ギスケ